おまとめ・借り換えも可能!限度額最高800万円!

MENU

おまとめ・借り換えも可能!限度額最高800万円!

オリックス銀行カードローンは限度額最高800万円となっており、消費者金融の最高限度500万円よりもはるかに高い設定となっています。

 

これによって、オリックス銀行のメリットは大きく広がっているのです!特に言えるのは、他社のおまとめローンや借り換えローンとして利用する場合です。

 

おまとめローンや借り換えローンは、専門的な知識がいるようなイメージがありますが、オリックス銀行ではおまとめローン・借り換えローンともに利用可能なことをPRしていますので消費者金融で今借りている人にとっては、高いメリットを発揮することになります!

オリックス銀行カードローンでおまとめ・借り換えするメリット

借りる金額が多いほど低金利になる!

オリックス銀行の特徴はトップページで説明しましたが、借りる金額が多いほど金利は低くなっています。

 

100万円未満の場合は金利12.0%〜17.8%ですが、150万円超〜200万円未満まで借りれば、金利は5.0%〜12.8%まで引き下がるのです!

 

このように限度額別に金利が分かれていますので、数社からのおまとめローンであれば、どのくらいの限度額を借りればまとめられるのか、自分自身で確認でき、尚且つ、金利もある程度分かることになります。

 

おまとめローンでは3社をまとめた場合、1社につき50万円借りていたら、金額は150万円となり、それなりに高額な融資となります。おまとめローン・借り換えローンともに、低金利のローンから借りることが成功の条件となるので、これらのことを考えればオリックス銀行は最適なローンと言えるのです。

300万円以下は原則、所得証明書不要で借りれる!

オリックス銀行の独自サービスとして、限度額300万円以下は原則、所得証明書不要で借りれるのがあります。

 

これは、消費者金融やクレジットカードのキャッシングは貸金業法に沿って営業していますので、50万円を超えた場合、審査で収入を証明する書類を提出しなければなりません。

 

しかし、オリックス銀行なら「銀行法」となり、消費者金融などの「貸金業法」とは違うので、収入証明書は300万円までは原則必要がないのです!

 

このメリットによって、金額が大きくなるおまとめローンにおいても、300万円までは原則、所得証明不要で審査・融資ができることになるのです。

 

実はオリックス銀行の最大のメリット・特徴は、この収入証明書不要で借りれることなんです。300万円以下は不要なので、大多数の人は、原則収入証明書無しで借入が可能となっており、貸金業法改正によって、一層規制が厳しくなった消費者金融と比べると、銀行カードローンのメリットは格段に上がっています。

オリックス銀行カードローンなら最短即日審査が可能!

おまとめローンや借り換えローンなどは、フリーローンと違って、消費者金融の場合審査に時間がかかるケースが多いですが、オリックス銀行ならば、利用目的に借り換えローン・おまとめローンも含まれており、尚且つ、審査時間は最短即日審査が可能となっています!

 

銀行カードローンのおまとめローンで有名なのは東京スター銀行のおまとめローンですが、審査時間は数日必要としています。このことからも、オリックス銀行で借り換え・おまとめするメリットは審査時間にも出ているのです。

【消費者金融でおまとめした場合、原則追加借入ができない?】
消費者金融でおまとめローンをする場合、一時的にでも年収3分の1を超える場合は、総量規制例外貸付として融資をしなければ貸付できないことになっています。
総量規制例外貸付は、あくまで例外的に融資するので、限度額内での貸付(追加借入)はできないことになっているのです。

限度額内でも繰り返し借入が可能!

一般的に消費者金融のおまとめローンでは返済専用になっています。それは総量規制による貸付制限があるのに加え、消費者金融ではおまとめローンの目的が、債務を一本化して減らすローンとなっているからです。

 

オリックス銀行カードローンの場合、事業性以外の利用使途であれば、原則自由となっており、それをおまとめローンや借り換えローンに使おうがOKなのです。

 

ですから、おまとめローンに利用したとしても限度額内での追加借入は当然にでき、返済専用とならないことが大きな魅力です。

 

早期完済の為の随時返済もし易いオリックス銀行カードローン

 

借り換え・おまとめ後も、繰り返し自由に追加借り入れが出来るのも確かに嬉しい点です。

 

しかし、借り換え・おまとめをする方の中には、早期完済を目指したい!という方もいる事でしょう。
その場合に、重要になってくるのが返済の仕方です。

 

借り換え・おまとめ後に一度カードローンを完済して区切りをつけたい場合は、返済期間を短くしてなるべく総支払額のうちの利息額分を抑えるのがポイントです。

 

返済期間を間延びさせない為には、随時返済や上乗せ返済が重要となってきます。
その際、約定返済日以外での返済に使える手段が豊富であり、尚且つ手数料がかかることなく随時返済できる金融機関で借り換え・おまとめするのが理想的です。

 

オリックス銀行カードローンでは、通常時の返済方法での随時・上乗せ返済が可能です。その際、オリックス銀行カードローンに連絡を入れる必要もありません。

 

口座引き落としで随時・上乗せ返済するなら、ネットからメンバーズナビにログインし、メニューの増額返済申込を選択し増額返済金額と振込口座を選択します。

 

すると、直近の返済日にその金額も加えた返済額が口座から引き落とされます。
ただし、返済金額の約定返済額決定基準時から次回の毎月のご返済日までの期間は、口座引落による増額返済の申し込みは行えません。

 

今すぐ手元にあるお金をとりあえず随時返済に充てたい。という場合は提携ATMから入金返済すると良いです。

 

一見当たり前の返済の仕方なのですが、意外と随時・上乗せ返済は口座引き落としで受け付けていないカードローンもあります。

 

そういうところの場合は、随時・上乗せ返済を銀行振り込みで行うのですが、振込手数料がかかってしまう事がほとんどです。

 

また、消費者金融などの場合はATMがまず手数料無料で利用できないことが多いので、随時返済の度、ATM手数料を払うはめになってしまいます。

 

つまり、意外と随時返済や上乗せ返済は自由が利かない場合が多いのですが、オリックス銀行カードローンを利用するにあたってはそんな不便がないという事です。

 

そういう返済のし易さという点でも、借り換え・おまとめ先にオリックス銀行カードローンは人気なのです。

 

オリックス銀行カードローンの返済額は高い?

 

残高の増加画像

オリックス銀行カードローンは、借り入れ残高30万円以下の少額でも毎月7,000円の約定返済額(最低返済額)なので、少額過ぎず高額過ぎず、完済間近になっても返済期間が間延びしない金額設定になっています。

 

同じようにカードローンの借り換え・おまとめ先として人気のある、三菱東京UFJ銀行バンクイック(おまとめは対応していない)や三井住友銀行カードローンの最低返済額と比べると、オリックス銀行カードローンの返済額は確かに少し高めとなっています。

 

 

最低返済額

借り入れ残高50〜100万円

借り入れ残高100〜300万円

オリックス銀行カードローン

借り入れ残高30万円以下=7,000円

50万円超100万円以下=20,000円

100万円超150万円以下=30,000円

(以降300万円まで5,000ずつ返済額増額)

250万円超300万円以下=45,000円

 

三井住友銀行カードローン

借り入れ残高2,000円〜100,000円=2,000円

500,001円〜600,000円=11,000円

(以降100万円まで1,000ずつ返済額増額)

900,001円〜1,000,000円=15,000円

1,000,001円〜1,100,000円=16,000円

(以降300万円まで1,000ずつ返済額増額)

2,900,001円〜3,000,000円=35,000円

三菱東京UFJ銀行 バンクイック

(年8.1%超の場合)

借り入れ残高10万円以下=2,000円

50万円超〜60万円以下=12,000円

(以降100万円まで2,000ずつ返済額増額)

90万円超〜100万円以下=20,000円

100万円超〜110万円以下=22,000円

(以降300万円まで2,000ずつ返済額増額)

290万円超〜300万円以下=60,000円

 

最低返済額はオリックス銀行カードローンよりも、他二行のカードローンの方が低いのですが、残高が50万円以上となってくると三菱東京UFJ銀行バンクイックよりは、返済額が低く済むようになってきます。

 

三井住友銀行は、さすがメガバンクで借り換え・おまとめにも対応しているだけあって、残高が高額になっても返済額は無理がない設定になっているようです。

 

カードローン借り換え・おまとめをする際に、毎月の返済額をとにかく少額で抑えたい!という場合は、残高毎に対応する返済額の差を比べて借り入れ契約先を選ぶ事が大切といえます。

 

オリックス銀行カードローンの返済額は、残高が50万円以下の少額の場合は少し約定返済額としては高めですが、100万円以上からはそれなりに抑えた金額での返済が可能となっています。

 

先述した、随時返済や上乗せ返済は自主的にカードローン契約者が行わなければ、返済期間が短く出来ません。
しかし、オリックス銀行カードローンの場合は、残高毎の約定返済額が既に返済額として軽すぎず、重すぎない金額設定がされています。

 

その為、なかなか自らの意思で進んで随時返済などが出来ない方でも、借り換え・おまとめ後も返済期間が間延びせずになるべく早く完済できるのが、オリックス銀行カードローンの約定返済額(最低返済額)設定の良いところといえるでしょう。