ネットバンキング・ネットキャッシングは安全なのか?

MENU

ネットバンキング・ネットキャッシングは安全なのか?

ネット上で出来ることはIT化が進むにつれ、どんどん増えています。

 

おかげで銀行口座がWEBサイトで管理できるのは勿論、スマホのアプリからなどでも簡単に振り込みをしたり出来て非常に便利です。

 

ネットを使って自身の銀行口座を管理する仕組みをネットバンキングシステムといいます。
銀行によってネット利用可能な項目は変わってきますが、基本的に残高照会や入出金明細の照会、振り込み・振替、定期預金や外貨預金などの預入・解約などはどこの銀行でも出来るようになっています。

 

ネットバンキングシステムが普及してきた現在、カードローンもその仕組みを利用してネット利用できるようになってきました。
ネットからカードローン契約することも出来れば、口座の管理をネットからすることで、振り込み融資をネットから申請出来るその仕組みをネットキャッシングと言います。

 

また、ネットバンキングシステムを利用している銀行は、2種類に分けることが出来ます。
一つは有人舗窓口もある通常の銀行のネット支店、もう一つは店舗を持たないインターネット専門のネット銀行です。

 

例えば、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行は実店舗あれば、ネットバンキングの利用も出来る銀行です。
その為、勿論ネットキャッシングでカードローン利用をすることが可能です。

 

逆に店舗を持たないネット銀行には、オリックス銀行やジャパンネット銀行などがあります。
しかし、ネット銀行の場合店舗を持たないからと言って、ネットキャッシングでのカードローン利用しかできないわけではありません。

 

店舗がある銀行と同じように、ローンカードを発行しての契約も可能です。
加えて、自店舗がない代わりに手数料無料で利用できる提携ATMの数が多いです。

 

ネットキャッシングでのカードローン利用は安全なのか?

 

ネットというとウィルスやスパムによって勝手に情報が引き出されてしまわないか心配…と思う事もあるでしょう。

 

クレジットカードのネットでの決済でさえ情報保護の不安があるのに、ネットバンキングなんかで口座管理が安全と言えるのか、気になるところですよね?

 

加えて、ネットキャッシングで借り入れまでするとなると、便利なのになかなか手が出しづらい気もします。

 

日本はただでさえ現代でも現金主義が目立つ面が少なくありません。海外と比べるとクレジットカードの利用率も大きな差があります。

 

しかし、最近はカードでの支払い率を上げる為に、金融業界はキャッシュレス化を推進しています。

 

というのも、2020年開催予定の東京五輪に向けて、日本国内の消費行動を現金払いからキャッシュレスに移行することにより、カード対応できる商業店舗を増やす目的があるからです。

 

海外は治安の状態によって、現金が手元にあると盗難の可能性が高い為、高額の支払いから日常的な購買までがカードを利用して行われていることが多いです。

 

その際、日本に海外から観光客が来たもののカード払いが不便で、五輪招致による本来の経済効果が望めないなんて事のないように、国がキャッシュレス化を推し進めている面もあります。

 

その為、ネットやデータで個人情報を含めたお金のやり取りをするからには、そういうったセキュリティー面もちゃんと対策強化されてきています。

 

ところが、それには利用者のネットリテラシーの向上も欠かせません。

 

外部からのセキュリティー脅威をせっかくネットバンキングシステムがシャットアウトしてくれていても、利用者が別の、例えば単純なスパムメールやリンク開いてしまったりした後で気づかないままネットバンキング利用すれば結果は火を見るより明らかです。

 

また、少し前にパスワードを安易に自身の誕生日にしていたが為にデータが流出してしまったモデルの事例もありますが、パスワード設定も自衛のために不規則なものを設定する必要があります。
再設定もこまめにする事に越したことはありません。

 

最近では、従来のユーザー自身によるパスワード設定に加え、トークンによるワンタイムパスワードの利用で二重にパスを設けることで、暗証番号などの重要な情報を盗み取られないよう対策している銀行が多いです。

 

トークンとは、一定時間一回に限りパスワードとして利用できる数字などを生成する小型端末を主に意味します。
トークンに表示される数字などの羅列をワンタイムパスワードといい、暗号化された文字である為流出した場合に第三者がその文字列を利用することが出来ない仕組みとなっています。

 

また、トークンの仕組みはネットでのクレジットカード決済時にも応用されています。
トークンシステムを利用することで、従来のネット上での情報送信がより安全に可能になります。

 

情報の非保持化で安全性が高まる?

 

時に不正アクセスによる顧客情報漏えいを防ぐ為に、特にクレジットカード決済時のカード情報の非保持が推奨されています。

 

カード情報の非保持とは、ネット上のショップの入力画面で顧客の入力項目(情報)を扱わずに、決済代行システムサーバー上で行うという事です。

 

ネットショップ店舗も不正アクセス対策などをしている事でしょうが、入力画面では情報が保護されても、決済代行業者(または決済代行システム)への情報送信時に漏えいの恐れがあるのです。

 

その為、今後はネットショップ運営のシステム上で一旦カード情報を保存したり留めるのではなく、決済代行業者のシステムサーバー上に顧客がアクセス後、決済情報の入力から処理までを行うというカード決済の流れになることでセキュリティ対策が進められていくといわれています。

 

以上のように顧客情報をECサイト(ネットショップからネットバンキングなども含むウェブコンテンツ)から安全に各種決済(購入、借り入れなどの取引)をする為に、トークンを使った二重パスワード体制やカード情報を決済代行画面に移動(リダイレクト)してから入力する情報の送信方法を非通過型と言います。

 

この非通過型の情報処理がネットバンキングシステム・ネットキャッシングでは適用されているため、安全に便利に金融取引が行えるのです。