女性向けカードローン・レディースキャッシングのメリットはあるの?

MENU

女性向けカードローン・レディースキャッシングのメリットはあるの?

最近は消費者金融や銀行のカードローンが女性をターゲットとした販促していることが増えました。

 

一昔前までは、消費者金融がサラリーマン金融(サラ金)などと言われていたように、もっぱら借り入れは働いている男性がメインユーザーでした。

 

しかし、現代では女性や若者もカードローン利用者の割合として少なくありません。
現に、カードローンの利用条件には安定した収入があれば、パート・アルバイトでも借り入れが可能と明示している金融機関は多いです。

 

自身に収入がない専業主婦への貸付も出来る銀行では、専業主婦をメインターゲットとしたカードローンプランを設けているところもあります。
また、消費者金融ではレディースキャッシングと称して、女性が申し込みやすい専用申し込み窓口を設けていることも多いです。

 

ところが、女性向けカードローン・レディースキャッシングの中身は、ほとんど各社・各行で扱っている通常カードローンと変わりません。

 

女性向けであるサービスのほとんどはカードローン申し込み時にのみ、そのメリットがあります。
というのは、女性向けカードローンは契約手続きを進める上で、電話確認をしたりする担当オペレーターが女性に指定できる事が主なサービス内容だからです。

 

女性用だからという事で、金利や限度額の引き下げがあるわけではありません。
その為、ローンの利用条件という点で見ると大したメリットがあるとは言い難いかもしれません。

 

時に、このサイトお勧めのオリックス銀行カードローンは女性専用窓口はありません。
ただし、何も女性専用窓口がなくては、女性オペレーターを希望する事が絶対出来ないわけではありません。

 

どうしても何かしら正当な理由があって女性オペレーターを希望したい場合は一度オリックス銀行カードローンに問い合わせてみるのが良いでしょう。

 

銀行カードローンでレディースローンをサービスとして展開しているのは、新生銀行 カードローン レイクとみずほ銀行の二行のみです。
地方銀行では、専業主婦専用のローンプランを用意していることも多いので地元の銀行をチェックしてみるのも良いでしょう。

 

消費者金融は大手ではプロミス、アコム、アイフルがレディースローンに対応しています。
中小消費者でもレディースローンを扱っているところはありますが、カードローンとしての利便性は大手に劣るのであまりお勧めしません。

女性の嬉しいポイントを盛り込んだカードローンもある?

 

ほとんどの女性向けカードローン・レディースキャッシングは申し込みに女性窓口があるだけなのですが、それ以外にもならではのサービスを提供しているカードローンもあります。

 

それは、みずほ銀行のみずほMyWingわたし応援ローンとアイフルのSuLaLiの二つのカードローンです。

 

みずほ銀行のわたし応援ローンは、厳密には女性専用カードローンではありませんが、メールアドレスを登録してお知らせを受け取ることで抽選でプレゼントがもらえたり、セミナーやイベントに参加出来ます。

 

わたし応援ローンは、専業主婦の方へも限度額30万円を上限に貸付可能としています。

 

アイフルのSuLaLiでは、専用のデザインのローンカードが発行され、ローン利用中の連絡が電話ではなくSMS(ショートメッセージ)であるというのが特徴です。
ローンカードは女性のイメージで2種類デザインがあり、選択可能です。

 

また、ローン利用中の問い合わせに必ず女性オペレーターが対応してくれるSuLaLi専用ダイヤルが利用できます。

 

ただし、SuLaLiの限度額の上限は10万円と少額となっているので、それ以上の金額が希望である場合は別のカードローン契約をお勧めします。

関連ページ

カードローン返済の豆知識
カードローン返済に関してお得な情報を豆知識として教えます!
カードローン契約に必要な書類が変わった?
カードローン契約をするのに提出が求められる本人確認書類の条件が変わりました。どのように変わったのでしょうか?