カードローン返済の豆知識

MENU

カードローン返済の豆知識

カードローンを返すときに、あなたはどんな方法で返済していますか?リボ払いでしょうか?取って置きの返済方法がありますので、それを今回は、伝授いたします。

 

カードローンを返すときに、まず思いつくのが、リボ払い!リボ払いというのは、月々の返済額が決まっている、返済方法です。

 

毎月、同じ額の返済方法プラス、金利を返していきます。徐々に、借金総額が減っていくという仕組みです。これはいいしくみですね。毎月、金利込みで一定額という方法もあります。

 

リボ払いで返すときに、考えてほしいのは、たとえば、給料が20万円で、返済可能な額が5万円の場合、その5万円を、まるまるリボ払いにするという方法があります。

 

それと、リボ払いは1万円にして、残りの4万円を自分で積み立て、たまった時点で、繰上げ返済するという方法があります。

 

この、自分でためて、繰上げ返済という方法を、おすすめします。なぜなら、リボ払いには、金利が高く、かかってしまうからです。

 

給料20万円で5万円返済可能ならば、最低返済金額の5000円か10000円でリボ払い、残りの45000円か40000円を、自分で積み立てるという方法を、おすすめいたします。

 

そのほうが、たとえば、1年ためて、540000円なり、480000円なりがたまった段階で、その540000円か480000円を一気に返してしまったほうが、金利の面でお得だからです。

 

リボ払いは、金利がネックです。金利は、借り入れの総額が多ければ多いほど、当たり前ですが、金利がかかってきます。

 

ですので、たとえば5万をリボ払いにしても、大半は金利で消えてしまいますので、リボ払いの額は最低限の1万か5000円にして、残りを自分で積み立てる方法を、おすすめします。

 

この方法は、自分でためたお金を、使ってしまわないように、強い意志が必要になります。それができない場合は、通常のリボ払いはおすすめします。

 

強い意志がある場合、その余ったお金を、積み立てていく方法は、とてもいいでしょう。

 

あっというまにお金がたまって、あっという間に繰り上げ返済できて、あっという間に、支払いが終わっていくと思います。

 

ですので、強い意志をもって、この方法を実践してみてください!きっと、すぐに借金が終わるはずですよ。

 

借りてしまったものは仕方ないので、返す方法に、全力で頭と力を使うのが、賢いカードローンの使い方だと思います。このやり方なら間違いありません。

関連ページ

女性向けカードローン・レディースキャッシングのメリットはあるの?
最近カードローンのサービスでもよく見かける「女性向け」の文字。一体どのあたりがメリットなのでしょうか?
カードローン契約に必要な書類が変わった?
カードローン契約をするのに提出が求められる本人確認書類の条件が変わりました。どのように変わったのでしょうか?